So-net無料ブログ作成
検索選択

『カルマの坂』は、名曲です。 [ポルノくん]

小学生が万引きをしているのを見かけたのに、何もできず見過ごしてしまった自分に嫌気がさしている、すずのです。


小学生くらいの子どもでも、おもしろ半分にゲーム感覚で万引きをしている子もいるのが、現在の日本の実状です。
TVのニュースや新聞、保育の講演会などで、子どもへの躾の不十分さ、犯罪の低年齢化など、この国のモラルが低下していると、何度も耳にしてきました。
でも、今まで、その現場を自分の目で見たことがなかったのです。
商品は、お金を払って買うことは、私にとっても、多くの常識ある人々にとっても、当然の感覚だと思います。

それは、9月8日のポルノグラフィティのライブの3時間程前のことだったでしょうか。
先日、見合いをした相手を軽い気持ちでライブに誘ってみたら、本当に一緒に行くことになってしまい…
赤レンガ倉庫周辺をぶらぶらし、疲れたのでイオンか何かスーパー的なお店の入っているショッピングモールのような建物(名前がわからん)に入った時でした。
小学校3~4年生くらいの少年が2人、袋に入っていない小さなお菓子を持ち、レジから死角になった通路に立っている。
と、そこへ、お腹の部分が膨らんだTシャツの下に手を隠して、もう一人少年が走ってきた。
そして、「やったぞ!!」と言わんばかりに、ニヤつきながらTシャツの下から、最中アイス取り出し、友人たちに見せていた。
今、あの光景を思い出してみると、どう考えても、レジで会計を済ませた態度ではなかった。
少年は、レジの脇をうまくすり抜けてきたスリルからか、何か達成感を味わっているような表情をしていた。

その少年たちを見て、すぐに、「この子たち、万引きしたんだ…」と直感的に思った。
しかし、その日は運悪く、女の子の日初日でお腹も痛く、更に、前の晩からお腹が下り気味だったので、ライブ前に、無駄な体力を使いたくない。
別に、好きでもないとは言え、見合い相手の前で、子ども相手に切れる姿を見せるのも、なんとなく嫌だった。
そんなこんなで、少年たちを叱って、店員さんに突き出すようなことができなかった、弱い私。

話は飛躍するが…。
ポルノグラフィティの歌の中で、『カルマの坂』とう名曲がある。
昭仁さん曰く、「人間の欲や業、正義といったものを壮大なスケールで語る曲」。
私自身も、考えさせられるものがある、深い作品だと思う。
それ故、一度聴くと、いろいろなことを考えこんでしまい、その思考から抜け出せなくなってしまうので、私にとっては、ある意味危険な一曲でもある。
そして、その『カルマの坂』を、前日同様、8日もゲリラ豪雨の中、切々と歌う昭仁さん。
ライブ中は、バカになって、アホになってライブを楽しみ、その歌とのみ向かい合い聴き入っていた、私。


でも、ライブ後も、何かが心に引っかかるものがあった。
自分でも、何が心の中でモヤモヤしているのかわからなかった。(たぶん、ライブですっかり浮かれていたからだろうけど…)
しかし、ふと、今日、前述の少年たちのことを思い出した。

目の前で、アイスやお菓子一個とは言え、万引きをした少年たち。
万引きは、れっきとした犯罪の一つ。
しかも、食べる物に困ってやむを得なく犯した罪ではなく、あの表情は、どう考えてもゲーム感覚で肝試し的な遊びとしてやっているようだった。


また、話は飛躍するが…。
ちょうど中学生の頃、いじめを苦に中学生が自殺をするが事件が何件もあった。
そして、生徒会に所属していた私は、生徒集会で、生徒会メンバーと一緒に、「いじめは、いじめをしている本人だけでなく、周りで見てみぬふりをする人も、加害者になるんだよ」という内容の寸劇をやった記憶がある。


犯罪も、いじめと一緒だと思う。
知っていて、気づいていて、見てみぬ振りをするのは、犯罪を黙認しているのと一緒ではないだろうか?
だから、今日は、一人後悔している。


私が見かけた少年たちの万引きは、少年犯罪の面で言えば、ほんの氷山の一角に過ぎないと思う。
でも、ECOと一緒で、できることから、気づいたことから行動に移さなくては、変わらないと思う。
そして、私たち大人がきちんと、”叱る”、物事の善悪を教えることが必要なのだと思う。


過去のことを後悔しても仕方ないが、私にとっては、今回のことは、考えるきっかけになり、それを今後に活かす勇気をもてる大人になりたいと思った。

しかし、見合い相手も幼児教育を仕事にしている人。
私と同じような理由で、声をかけることを躊躇ったのか、それとも彼らの行動にきづかなかったのか、わからない。
けれど、やっぱり筋の通らないこと、間違ったことをしている子どもを見つけたら、きちんと対応できる人だったら、いいのになぁ…と思ってしまいました。

自分が担任した子が、こんなことするような子になったら、本当に悲しい。



↓『カルマの坂』の入ったCD。


WORLDILLIA

WORLDILLIA




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。